ホーム > 消化器内科診療 > 内視鏡検査(胃カメラ)

内視鏡検査(胃カメラ)

内視鏡検査

ガンの早期発見・健康の維持を目指して

胃痛、胸焼け、呕気などの症状のある方は出来る限りお早めに検査を受けることをおすすめします。胃潰瘍や胃がんの初期で症状を感じない方もいらっしゃいますので、一度は検査をしましょう。

当院の院長は内視鏡の専門医です。
高精度な検査を地域の皆様へご提供いたします。

また、スタンダードプリコーション(標準予防策)の考え方に基盤として
万全の院内感染対策を行っております。

当院では、最新の経鼻内視鏡を導入いたしました。
鼻から挿入することで、痛みが少なく楽に検査が受けられます。
また、口から挿入する従来の胃カメラも可能です。

内視鏡検査

胃内視鏡検査(胃カメラ)で判明できる主な病気

食道 食道がん、食道静脈瘤、逆流性食道炎、食道炎など
胃がん、胃ポリープ、胃粘膜下腫瘍、胃炎、胃潰瘍、ピロリ菌感染症など
十二指腸 十二指腸潰瘍など

このような症状がある方はご相談下さい。

  • のどや胸につかえる違和感、胸焼け
  • 黒っぽい便が出る
  • 嘔吐気・胃もたれ、お腹のみぞおちの痛み
  • 体重が減る
  • バリウム検査で異常を指摘された

上記の症状のある方は、胃内視鏡検査(胃カメラ)を受診することをお勧めします


内視鏡検査に「興味がある」「受けてみたい」という方は、お気軽にご相談ください。